Shroud of the Avatar: 日本語ローカライズの可能性

Shroud of the Avatar: 日本語ローカライズの可能性


日本語ローカライズ関連の最新ニュース
2017.4.9更新:
毎週配信される公式のゲーム開発進捗情報"Update of the Avatar"の人材募集の項にてフルタイムのローカライズコーディネーターの人材を募集開始。
https://www.shroudoftheavatar.com/?p=70647#Jobs


時系列で見るローカライズ関連ニュース
2013/03/27
GDC 2013の開催中にファミ通がリチャードギャリオットにインタビュー。
その中で日本語ローカライズについて以下のように回答。
https://www.famitsu.com/news/201304/04031432.html

" 『ウルティマ』シリーズの歴史で、日本とヨーロッパとアメリカは同じように重要だった。公式な決定ではないのだが、特にドイツと日本はローカライズ対象として重要な言語・地域だと考えている。"

2013/04/02
$1.6Mの資金調達のストレッチゴールとして、多言語ローカライズをアナウンス。
ストレッチゴールのリストの表記はGerman, French, Italian, Spanish, Portuguese, Russian, etc.
となっており、日本語への直接の言及はなし。(この時点ではいずれの言語もローカライズ対応は未定)
最終的に$2M以上の資金調達を成功、多言語ローカライズが決定。

2013/04/07
公式チャットにおいて、日本語のローカライズの優先度について"high in the list"と言及。
当時この公式チャットの場に私もいたので、実際にこの発言を確認しています。

2013/04/24

ドイツ語のローカライズが正式決定。
https://www.shroudoftheavatar.com/?p=20784

2014/10/03
クラウドソーシングによるローカライズが発表されました(Update of the Avatar#93
計画の始動は12月18日のリリース13から。現時点ではローカライズの手順や形式は不明。

2014/12/19
ローカライズの開始がR16が始まる2015年3月26日へ延期されました。

2015/3/26
ローカライズの開始はR18が始まる5月28日へ再び延期されました。

2015/5/15
リチャード・ギャリオット氏曰く、「日本語ローカライズの重要度は依然として"Very High"。ヨーロッパ主要国と同等の優先度だと考えている」





R17 Postmortem(反省会)のHangoutにおいて開発メンバーにSotAの日本語ローカライズに関して質問してみたところ、リチャード・ギャリオット氏本人から回答をいただくことができました。以下、その部分の要約。
I am thankful for my lord british's favours!

------------------------

Ultimaシリーズのセールスにおいて、日本はアメリカ・ヨーロッパに次ぐ3番目に大きいマーケットだった(地域別ではなく国別ならば第2位)。Ultima Onlineにいたっては、そのアクティブアカウント数はアメリカをも凌ぐものに成長した。また、日本語にローカライズされたパッケージ版のUltimaシリーズのセールスも好調で、いくつかの作品はアメリカ以上に売り上げたものもある。
しかし今現在の状況を見るに、日本はかつてとは違いアメリカ・ヨーロッパほどのマーケットの大きさはなく、中国・韓国と同じくらいのマーケット規模であると考えている。

ただし、我々のプロジェクトの優先度リストの中では、依然として日本語への対応の優先度は"Very High"と位置づけられており、また私個人も日本語の優先度は"Very High"だと考えている。さらに過去の販売実績を鑑みて、想定顧客リストの順列の中でも日本は"Very High"に位置づけられている。よって、日本語への対応はできるだけ早く(as soon as we can)動き出したいと考えている。

現在のところ、日本語は直近のローカライズ候補リスト(shortlist)に載っているものの、ローカライズ作業の完了までには多くの時間が必要になるだろう。SotAは膨大なテキスト量を抱えている上、その開発スタイルの都合上、常に追加や変更が為されるためローカライズの完了にはかなりの時間を費や さねばならないと思っている。

しかしどうか安心して欲しい。
日本の市場としての重要度は、ヨーロッパの各主要国(主に英・仏・独、次点で伊・スペイン・ポルトガル)などの海外マーケット全体の中でも"Very High"として位置づけられている。

また、SotAはロシア語圏や中国語をはじめ、その他の各言語へのローカライズも検討している。

---------------------------

開発当初からSotAの日本語ローカライズについては前向きな発言が多かったのですが、ここにきてかなり具体的な考えを聞くことができました。発言の内容をそのまま受け取るとすれば、日本語ローカライズ実現の可能性は相当に高いといえるでしょう。

もしロードマップ通りに開発が進めば、今月28日に開始されるR18からローカライズプロジェクトが始まります。ひょっとすると、5月中には日本人ユーザーによる日本語ローカライズ作業が開始できるかもしれませんね(超希望的観測)。

現在想定している仕様では、SotAでのNPCとの会話はテキストが中心になります。
一部のイベントシーンを除いてキャラクターボイスはありません。

使用されるクラウドソーシング翻訳サービスはGet Localizationが予定されています。

2015/5/29
ローカライズの開始は再び延期されました。

2015/6/26
ローカライズの(一応の)開始予定日が8月27日であることが発表されました。

2015/9/9
R21で予定されていたローカライズは再び延期されました。

2015/9/27
11月19日のR24でローカライゼーションの開始が予定されています。
依然として日本語ローカライズの計画や開始時期については不明。

2015/11/21
ドイツ語とスペイン語のローカライズが始まりました。R24からゲームオプションで言語選択が可能になっています。しかしまだ翻訳ボランティアのコミュニティ体制が整っていないため、進捗状況はゼロに近い状況です。
日本語や中国語などの2バイト文字言語についても準備が出来次第プロジェクトを開始するとのコメントが発表されていますが、優先順位的にフランス語・イタリア語・ポルトガル語の対応のあとになると思われます。
追記: フランス語・イタリア語・ポルトガル語のローカライズにも対応しました。

2016/1/16
1月11日に配信されたHangout動画内で、日本語・韓国語・中国語のサポートおよびアジア圏2バイト文字への正式対応を予定しているとエクゼクティブプロデューサーのスター・ロン氏が発言。これらアジア3言語のローカライズについての詳細は3月か4月頃に判明する模様。



2017.2.18更新:
SotAのローカライズの仕様に適合しないため、Getlocalizationで進行中の ローカライズプロジェクトを凍結。別の翻訳プラットフォームへの移行を検討していることを発表。しかし、現時点では次の翻訳サービスのプラットフォームは 未定。(R38 Postmortem配信より)
参考データ
・アルファテスト・リリース1時の国別ユーザー数
3969 -- USA
673 -- Germany
512 -- Canada
457 -- UK
369 -- NULL
343 -- Australia
165 -- France
158 -- Finland
128 -- Italy
100 -- Sweden

#アメリカが圧倒的なのと、続くドイツが非常に強いですね。
ローカライズが確定するのも順当といえるでしょう。
英語圏以外ではトップがドイツ、次点がフランスとなりますが、フランスのユーザー数はドイツの1/4程度です。
それからヨーロッパ勢が続きます。
アルファテストリリース4においても、これらの国別のシェアに大きな変動はない模様。

##TESO等と比べまだ国内では広く認知されていないShroud of the Avatarですが、日本でのUOの大ヒットを鑑みるにSotAが日本のマーケットを無視するとは思えません。
将来的にメディア戦略も含んだ日本でのプロモーションがおこなわれると思いますが、それに合わせてローカライズをアナウンスしてくるのではないかと見ています。

11 件のコメント:

  1. 私はほとんど英語が分からないので、ゲームシステム同じくらい重要度が高いです。
    SotAは日本国内での認知度が極めて低く、UOプレイヤーの大半が存在すら知らない状態です。
    国内の個人ブログ等で、積極的に取り上げて欲しいですね!

    返信削除
  2. 私は英語はかなり得意な方(海外在住)ですが、それでも日本語でプレイしたいですね・・・
    せっかくのオンラインゲームなので出来れば日本の友人とも遊びたいですし、そうすると
    ローカライズは必須の要素になると思います。多少の誤訳は全然OKですし、翻訳ボランティアなど
    貢献できることがあれば何でもしたいのですが・・
    上の方がコメントされているとおり、このブログのような形で日本語の情報提供を続けていくことは
    非常に有益だと思います。これからも頑張ってください。

    返信削除
  3. アルファテスト参加中です。未完成ながらも戦闘システムなど徐々に実装されてきて、個人的には
    かなり期待の持てる作品に仕上がってきました。
    後は日本語化さえしてくれれば・・!
    製品版完成までには日本語化してほしいですねー。

    返信削除
  4. このままだと英単語クリックゲーになってしまうので、SotAに限っては、日本語化は絶対必要だと思います。

    返信削除
  5. 購入して遊んでます。戦闘だけならなんとかなりますが、ただLV上げしてるだけでも楽しいのは最初だけでした。
    生産やシナリオ、クエストなどなど、日本語化がなければ続けるのは難しいです。
    会話文やチュートリアルの説明文を選択して翻訳してみるとかもできないのはつらい。

    返信削除
  6. 現時点発表済みのリリーススケジュールだと、早くて8月末からローカライゼーション開始みたいですね。
    日本語がその中に含まれているかどうかが一つの評価点ですね。LBのコメントから想像すると、ちょっと期待薄な気配を感じますが・・

    返信削除
  7. 8/27 さらに延期

    Localization Crowdsourcing Delayed: While progress continues to be made on the architecture to support this, we have had to postpone the actual translation work so we can complete the work for the Journal updates (see below) and the server death validation (see above).

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      こちらのページの更新をすっかり忘れていました。

      削除
  8. たぶん亀レスですが、チャットログが以下にあるのでゲーム内でコピペできなくても翻訳エンジン等に通すことは可能ですね。
    %APPDATA%\Portalarium\Shroud of the Avatar\ChatLogs
    (Windowsキー+R で「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開いて入力すればフォルダが開きます)

    返信削除
  9. いつか日本語化されるのを信じて待ってます・・

    返信削除
  10. 日本語化したら化けるだろうなあ、と気長に待ってます。
    世界観とかはかなり好きなので、日本語でさえプレイ出来れば相当楽しめる予感。

    返信削除

■過去記事アーカイブ